RSS | ATOM | SEARCH
憲八先生の「ステンレス講座」

ホレ!

ご覧いただいとるぅ、iTunesのトップページの「iPod Comes To Town」というところをクリックせよ!

するとぉ…

GW中にAppleが全国を盛り上げるぜっ!ってイベントの詳細が見れるのだ!

そこの大阪代表ゾーンになにやらオッサン4人の…あ、いや、ステンレスの写真があるんだってば!
それを見るんだってば!
そりゃ見るんだってば!!

まぁ、ただ見るだけやねんけど、それはそれ!ステンレスの情報は「見る」だけでも運気が上昇するのだと、古代イタデメ文明からいわれているのだ!

‘そんな文明あったかしらん??’と、おっしゃいました?そこのシロガネーゼの貴婦人さん!?

イタデメ文明は、現在の日本は、銀座4丁目あたりで存在したと、古代図書「トンホレコ」に記載されているからには間違いないです!!

「そんな本、あったかいのぉ??時代はパーシャルぅ〜!」とおしゃいました??そこの菅原文太さん??

ウソかホントか、ホントかウソか!?
敵か味方か、味方か敵か?!

まずはiTunesを開いてみよう!!

パチパチ☆☆

それ!旅×旅♪♪


author:stainless1, category:齊憲!ポテチ塾, 21:51
comments(0), -, - -
明日のお知らせ

白アンパンマンから明日のお知らせ…

明日の3E遠足の集合時間は、10時を予定しております☆☆

あしからず☆

author:stainless1, category:齊憲!ポテチ塾, 17:27
comments(0), -, - -
3年続・お知らせ組ぃ、憲八先生ぇ!

我輩がぁ、3年E組担任のぉ、‘さぁ行こう憲八’先生であ〜る!

そうさね!
さぁ行こう!ほら行こう!ってなことで、25日はE組、春の遠足が!

それに先立ち、生徒達に「遠足のしおり」を届けたんだが、ちゃんと来たかな??
「あちき、まだ来とらんきぃ〜☆」ってな生徒は、

stainless@gs.main.jp
↑こちらに、メールアドレスと共に御一報を!

ちなみにぃ、第1期生の021番、第2期生の029番、038番の生徒には、こちらからのメールが届かずの状態なのでぇ、「それってあちきの事ね〜ん☆」って方も、上記のアドレスに御一報を☆

はたまた、まだ生徒でない方からも「是非参加したいのですぅ☆」という声を貰ったのだが、これに関してはぁ、大変申し訳ないがぁ、次期入学をお待ちいただきたい!

ものすごく熱心な思いが届いたのだが、システムの都合もあり、断腸の思いではあるが、今しばらく入学を待たれたし!!

そんな予備校ブギのみんなも、ブラジルニュースで予習復習をしていただきつつ、晴れて生徒となった暁にはE子の一員として、よりE子になるよう、一緒にペダルをこいでいこうではないか!

とにもかくにも、生徒のみんなはその日を待ち侘びて、ブラジルニュースで予習復習しておくのであ〜る!

ほいではぁ…

E子が集まるEクラス!

3年E組ぃ、

憲八先生ぇ〜☆★



author:stainless1, category:齊憲!ポテチ塾, 23:08
comments(2), -, - -
3年お知らせ組ぃ、憲八先生ぇ!
我輩が3年E組担任のぉ、斉藤憲八であ〜る!

突然だがE組の生徒のみんなにお知らせが!

春なのでぇ、遠足に行くのだぁッ☆★

てことでぇ…


来たる4月25日水曜日、雨天決行の予定で、集合場所は各自ネットを見れる場所。
出発時間はぁ昼頃になるかと☆

場所はまだ未定☆★

詳しくはまた、生徒全員に『遠足のしおり』としてメールを送る手筈だ!

ちなみに入学の際「あちき、先生にアドレスを教えた覚えが無いのねん!」という生徒は念のため、ステンレスメールにアドレスを送ってみてよ!

この日の全貌は、『しおり』と一緒に届く、生徒専用ページにて随時、遠足の風景として楽しめるようになると思うので、よろしく!

初めての試みなので、バグることもあるかもしれんが、バグさえも楽しむ手筈なのだ!

ほんではお楽しみに!


とは別にブラジルニュースをご覧のみなさんにお知らせがっ!

ステンレスが4月30日心斎橋のアップルストアにてインストアライヴをするらしい!!

詳しくは…

http://www.apple.com/jp/articles/ipod/town/osaka.html

にて!
ちゃんと見れるかなぁ??

お試しあれ!
そして、お越しあれ!

author:stainless1, category:齊憲!ポテチ塾, 14:20
comments(0), -, - -
3年メーヴェ組ぃ、憲八先生ぇ!

我輩が3年メーヴェ組、担任のぉ、風の谷のケンパチであ〜る!

ミテコレッ!
実写版メーヴェ!

現代における風の谷、「インターネット」を旅していると…

いやぁ世界にはいろんな生徒がたくさんいるもんだねぇ、アニメの中でナウシカが駆っていた「メーヴェ」を本当に作って飛ばしていた輩がいたもんだ!

その結果、飛行時間は45秒だとか…あぁ現実は厳しい!
確かに見た目かなり重そうやしなぁ☆

いいやそんなことはナイッ!
メーヴェが飛ばないわけがナイッ!
ただこの場所に‘良い風’が吹いてなかっただけだ!きっと!!

風がやんだということはぁ…ムシたちが騒ぎ始めたのかも!?
ま、もう春ですしねっ!!

春の装いでトルメキアあたりまで散策に出掛けてみませんかぁ♪♪

3年メーヴェ組ではバードウォッチャーを募集中!
詳しくは、本日の甲子園開幕戦の勝利の映像を繰り返し見よっ!


author:stainless1, category:齊憲!ポテチ塾, 22:54
comments(0), -, - -
3年E組ぃ、憲八先生ぇ!

我輩がE組担任の、憲八先生であーる!

本日の授業は、宇宙人であ〜る!

見て!これっ!

チップを埋め込まれたのだ!我輩!

チップといえば耳の奥に、それはそれはミニマムに埋め込むもののと相場は決まっているもの。
それがどうだ、このていたらく!宇宙人もたちがわるい!

こんだけデカイと通りすがる彼、彼女に「お!宇宙人!」な〜んて奇妙を越えて、親しみを込めて呼びつけられちゃうぜぇ!

てかヘッドフォンみたくあしらわれてるのが、優しさ感じちゃって、異星人も隅におけないなぁ!なんて思ったりしたのだ!
アンドロメダの隅っこの星から来たくせにっ!

おぉっと!とかなんとか言ってるとタイムリミットの3分が近づいてきたのであ〜る☆

宇宙人とはいえ「いいもん」にされたようだ我輩☆

てことでぇ、残りの時間は自習だぁ!!

それではぁ…

E子が集まるEクラス!
3年E組ぃ!

憲八先生ぇ〜!!


author:stainless1, category:齊憲!ポテチ塾, 22:33
comments(0), -, - -
齊憲!ペット塾6


見よ、これは紛れも無く恐ちゃんではないか!
それを証拠に、ホレ、あの手元!未だに指揮を降る手つきで立っているではあるまいか!

しかしなにやら、フェンスみたいなのに囲まれておるではないか(完全に低すぎで、余裕でまたげそうなのだ!)?

これじゃぁ「ペット(トランペット)」演奏者が本当の意味で
「ペット(お家で飼われる)」になっとるじゃないか!
まさに「ミイラとりがミイラになる」とはこのことか?そりゃまた違うのか?!

なんにせよデカいよね、やっぱ!
横に車が走ってんだけど、これじゃカキフライと間違って食べられてしまうぞい!
あ、恐ちゃんカキは嫌いだったから大丈夫か?!(←そういうことではない)

いずれにせよペットの枠じゃおさまらない恐ちゃんだから、
明日も素晴らしいペットを聞かせてくれるだろう。みんなもペットを可愛がってやっておくれ。
飼うほうも吹くほうも。

んなわけで、とりあえず恐竜ビールでも飲みに行くか!あぁぁっ、失言!
恐竜なんて言ったら食いちぎられちまう。「でっかいからって人を恐竜扱いするな!」って
怒鳴りながら、生徒に致命傷を与えてたのを覚えてるよ。

ペット塾では入塾者を募集中!
詳しくは、夜明け前に一番最後まで輝いているお星さんに聞いておくれ…





author:stainless1, category:齊憲!ポテチ塾, 23:06
comments(0), -, - -
齊憲!ペット塾5


恐ちゃんと我々は再びひとつになった。
そうして我々の出した答えは「指揮者のいない吹奏楽部」であった。
それはまさに「題名のない音楽会」のようなもの。
それはまさに「背番号のないエース(←劇場版タッチのタイトルなのだ!)」のようなもの。

指揮者がいないということはもちろん大会に出場ができない。
故に、我々名門吹奏楽部のそれまで続いていた大会連覇記録は途絶えてしまった。

さんぜんと輝く我が吹奏楽部の記録には残らないがしかし、
その夏共に過ごした恐ちゃんと我々の心には、忘れることの出来ない記憶として
刻まれた出来事であった。

やがて新学期を迎えるにあたり恐ちゃんは
「お父さんの仕事の都合で引っ越しすることになりました」という
社会人にはあるまじき理由で学園を後にした。

スラムダンクにもひけをとらないドラマティックな4ヵ月間を過ごした我々は、
夏休みが明けて舞い戻ったクレープ屋の店長の下、
再び名門吹奏楽部ぶりを取り戻したのだった。

と、物語はここまでで、幾年ぶりに見た恐ちゃんについてはまた明日…





author:stainless1, category:齊憲!ポテチ塾, 23:18
-, -, - -
齊憲!ペット塾4


れちがいや回り道をあと何回過ぎれば二人は触れ合うの?
お願いタッチ、タッチ、ここにタッチ、あなたからタッチ…

そんなふうに、マンガの主人公ですらすれ違いはそう簡単に解決はできない。
あまりにも若すぎた我々も、その波にもろくも飲み込まれてしまったのである。

解決策はないものか?もう一度あの日の吹奏楽部に戻れないものか?というわけで、
その答えを探すべくタッチを読みまくった。
全員で音読もした。面白かった。感動した。泣いた。笑った。しかし答えはなかった。

模索を繰り返し、劇場版タッチまで見終えてしまい、もう打つ手がなくなったころ、
どこからともなく楽器の音が聞こえてきた。

その楽器の音はもちろん‘ペット’
部員たちはマンガを置き、ポッキーをつまんでいた手を止めしばらく聴き入った。

‘誰が吹いてるの?’などという質問は野暮というもの!
こんどは誰彼ともなく楽器を持ちだし、演奏を始めた。
教室と中庭のアンサンブルはその曲のごとく見事にみんなの心を‘タッチ’していったのである…


[なおも続くのであーる!]



author:stainless1, category:齊憲!ポテチ塾, 23:10
comments(0), -, - -
齊憲!ペット塾3


異変…

出会った頃は1M80CMほどであった彼、恐ちゃんの体がどんどんデカくなっていったのである。

はじめはいわゆる‘成長期’というものが恐ちゃんにはまだ続いているのかな?
と思っていたのであるが、2M50CMを過ぎたあたりからみんな
「なにか違うぞ?」と思い始めたのである。

そう思い始めてからは早いもので、日に日に恐ちゃんがデカくなっていったのである。
それでもめい一杯に指揮するものだから、彼の爪(確実に凶器となっていた!)をよけるので
演奏がままならなかったのを覚えている。
彼が我々に情熱をぶつけようとすればするほど、部員は一人、二人と負傷し、
休部を余儀なくされた。

「すれちがい」そんな言葉が彼そして我々に漂いだしていた。


[さぁて、まだ続くのであーる!]



author:stainless1, category:齊憲!ポテチ塾, 22:40
comments(0), -, - -